フィレンツェでバスに乗るための5つのポイント

フィレンツェは、歩きやすい小さな街。


フィレンツェ、ヴェッキオ橋


とはいえ、短時間であちこち行きたい時には、やっぱり便利な方がいいですよね。

フィレンツェの市内には、バスがあちこちに巡っていますが、今ひとつ情報に乏しいのが困ったところ。
そこで、今回は、快適にバスの旅を楽しむ為の情報をお伝えしたいと思います。


フィレンツェのバス


1. まずは、バスマップを手に入れよう。


フィレンツェのバスの地図


街のインフォメーションに出向くと、いろいろな情報を得ることが出来ますが、ここでバスマップも得ることができます。近年、トラム(路面電車)の建設で、路線が大幅に変わっていることもあるがゆえ、あらかじめ、行く場所をチェックするのに役に立ちます。


2. チケットをどこで購入する?


バスの切符を買う


バス用チケットは、バス会社のカウンター、タバッキやバールなどで手に入れることができます。店の入り口に、チケット扱いのシールが貼ってあるので、これを見て、取り扱いをしているお店かどうか判断できます。色は、ピンクと紫で、「ataf&Li-nea」と書いてあります。
ちなみに、バスの中でも購入することができますが、お釣りがない…などの理由で、取り扱ってくれないこともしばしば。そして、なぜか、値段が高めです。


3. チケットを購入する。


バスのチケット

バス用チケットは、1回券(右)と4回分乗れるもの(左)、あとは、10回用のカードや1ヶ月分のものなどがあります。1回券は、1.20ユーロ。刻印してから90分乗ることができます。また、この券は、路面電車にも使えるので、とても便利です。


4. 乗車時に刻印すること!

バスに乗ると、こんな黄色の刻印機が設置されています。


バスの刻印機


乗ったら、必ず、刻印しましょう。実は、毎回トラブルが起きるのが、この刻印。これがないと、いくらチケットを持っていても、無賃乗車とみなされ、コントロールに見つかると、多額の罰金が発生します。


5. 行き先を告げてみる…

降りる場所がわからない場合は、運転手さんに告げてみましょう。大概の運転手さんの場合は、目的地を教えてくれるはずです。ただ、忘れやすいですから、目的地を聞いた場合は、運転手さんの近くに居た方が良いでしょう。


一回の刻印から90分有効なバスチケットは、同じバス会社のものであれば、別のラインでも有効で、あちこち乗り継ぐのに、とても便利です。また、市内は、専用の小型電気バスが巡回しています。
せっかくの旅行、バスに乗って、遠出もいいかもしれません。


フィレンツェ、ヴェッキオ橋

2017.6.12


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住16年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / イタリアの生活日記 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのおすすめ処 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ