ビニール袋が有料になりました

2018年になって、実行された法改正。
なんと、スーパーの計り売り野菜用ビニール袋が有料化されました。
おふれがあったのは、昨年末の12月30日頃ですから、有無を言わさず実現化を図ったことになります。
スーパーに行ってみると、早速、こんな看板が。


スーパーのビニール袋


「Cambia la legge Ma non il nostro impegno.」
訳すと、
「法律が変わりました。でも、私たちの利益ではありません。」
といったところでしょうか。
しかも、普通のビニール袋ではなく、Bioでなくてはならないのだそうです。


スーパーのビニール袋


環境保護のため…とは言いますが、これには、1〜5セントの金額がかかってきます。
また、スーパーによって、設定料金も違います。

そこで、スーパーに行って、ちょっとお試ししてみます。


スーパーのビニール袋


こちらは、リンゴを2つ、指定の袋に入れて、価格シールを貼ったもの。
そして、もう1つは、洋梨を1個、直接洋梨に貼ってみます。


価格シール


受け取ったレシートには、一袋分の金額2セントが計上されていました。


レシート


上から2番目の「SAC COMPOSTABILE」がそれです。

ちなみに、「SHOPPER EXPRESS COMP」は、すべての購入品を入れる、少し大きめのビニール袋。これは、エコバッグでも、手持ちの袋に入れるでも代用がきくので、購入するかしないかは、消費者が選べます。ここのスーパーは、10セントでした。

計り売りの野菜や果物でも、直接、貼ることのできないものは、すべて、この指定のBioビニル袋に入れなくてはなりません。
場所によっては、直貼りしたものにも袋代が計上されている…なんて、噂を聞きます。

いずれにしても、日本のように小分けの袋をちょっと貰う…ということは出来ないようです。

ちなみに、市場や外の屋台で購入するものにも、袋代は徴収されますし、薬屋さんの袋も同様だそうです。

節がない世の中になってきたなぁ…

新年早々、そう思うのでした。

2018.1.17


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住17年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / イタリアの生活日記 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く / トスカーナの田舎


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ