ベンヴェヌート・ブルネッロ2018

2月18日。
雨模様の中、モンタルチーノでは「ベンヴェヌート・ブルネッロ(BENVENUTO BRUNELLO) 2018」が開催されていました。


benvenutobrunello2018


毎年この時期になると、トスカーナのあちらこちらで、その年に発売される予定のワインの出来を占う試飲会たるものが開催されます。


benvenutobrunello2018


フィレンツェでは、「キャンティ」や「キャンティクラシコ」、サンジミニャーノでは、「ベルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ」と既にあちこちで賑わいを見せていましたが、トスカーナと言えば、「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」に右を譲るワインはありません。


benvenutobrunello2018


樽熟成とボトル熟成を含めて5年以上かかる「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」は、トスカーナの中でも最高級のワインにあたります。

会場には、多くの人で賑わっていました。


benvenutobrunello2018


皆さん、メモを片手に試飲を堪能しています。


benvenutobrunello2018

作り手は家族経営の所も多く、親の代から子に受け継がれ、家族ぐるみで試飲をサポートしている姿も見受けられます。

美味しさを伝えるための説明に熱が入るのが伝わってきます。


benvenutobrunello2018


セカンドワインの「ロッソ・ディ・モンタルチーノ」から「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2013」そして、「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リセルバ2012」と段階を経て試飲させてくれました。


benvenutobrunello2018


「2013年のブルネッロは、本来の重みと程よい酸がバランス良い出来の年になりました。」
とは、ある作り手さんのお話。

参加ワイナリーは135社の大規模な試飲会で、何杯試飲したのか覚えてないほど試飲した割には、悪酔いしないのは、それが厳選された上質のサンジョヴェーゼ種を丁寧に発酵させ、長期熟成した最高のワイン「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」だからに他なりません。

最後に、グラッパのマエストロから、ほんの少しずつ、グラッパの試飲をさせていただきました。満面の笑みが、私たちの素敵な1日の終焉を飾ってくれたのでした。


benvenutobrunello2018

2018.2.21


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住17年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / イタリアの生活日記 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く / トスカーナの田舎


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ