イースターのウサギの意味は?

3月21日の春分の日から迎える最初の満月の次の日曜日。
この日がキリストの復活祭です。


復活祭の卵


フィレンツェの街中のショーウィンドウは、卵型で飾り付けられていて、もうすぐ復活祭が近いことを知らせてくれます。


復活祭のお菓子


よく見ると、卵型の他にウサギの姿も見られます。


復活祭のお菓子


どうして、ウサギ?

実は、復活祭の卵は、ウサギが運んでくるものだとされています。
イースター・バニーとも言われ、これは、西方教会のみに見られる風習なのだとか。
ドイツから発生したと言われるイースター・バニーは、カラフルな卵やキャンディを子供たちに届けたと伝えられています。


復活祭のうさぎ


中世の時代は、教会芸術の一般的モチーフだったとも言われるウサギ。

処女性を失わずして繁殖するウサギは、「聖母マリア」と関連づけられたとも言われています。
また、その繁殖性を「豊穣のシンボル」と捉える考え方もあるそうで、生命の復活と繁栄を祝う復活祭には、今もこうして、ウサギの姿が見られるというわけです。


復活祭のうさぎ


スーパーに行くと、綺麗にパッケージされた卵型のチョコレートの横には、しかと、ウサギの形のチョコレートがあるのには、そういう訳があったのですね。

毎年、日付が変わる復活祭。
今年は、4月1日がその日にあたります。

ブォーナ・パスクア!(ハッピー・イースター)

2018.3.28


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住17年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / イタリアの生活日記 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く / トスカーナの田舎


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ