「女性の日」の隠れたストーリー

3月8日は、Festa della Donna(フェスタ・デッラ・ドンナ)、「女性の日」でした。
この日、イタリアでは、男性が女性にミモザの花をプレゼントします。


ミモザ


町のあちこちで、ミモザを片手に歩く女性の姿が見受けられました。
一見華やかな女性の日。
男性からプレゼントを受け、喜ぶ人もいれば、女性同士で楽しく過ごす人もいます。


女性の日


女性が自由を楽しむのが普通な現在ですが、そこには、長い歴史上、この日にちなんだ悲しいストーリーがあるのです。


時は、1908年。
ニューヨークのワイシャツ工場で火災が発生します。146人もの命が失われた中、そのうちの123人が女性であったのです。多くの被害者は、イタリアから職を求めてやってきた移民だったということがわかりました。火災時、外から鍵を掛けられた状態だったそうで、逃げることもできずに失った命。当時の移民の女性に対する扱いは、まさに奴隷のようであったと言われています。

これを機に、女性の開放宣言がうたわれ、その運動をきっかけに、この日が「女性の日」とうたわれるようになったのです。

火災が起こった工場の跡地には、一本の黄色い花を咲かせる木が残っていました。
それが、ミモザの木であったと言われています。

女性が今、男性同様、活躍の場を得られるようになったのも、実は、こういった悲しいストーリーがあってのことだと思うと、胸にくるものがあります。

花屋さんの前には、黄色の綺麗な花が売られていました。


女性の日


イタリアではこの日、大掛かりなストライキが繰り広げられていました。
女性に対する暴力に反したデモを行うためにです。

時代が変わっても、問題は尽きないのだと思わずにはいられません。

「今」という時代を楽しく過ごすことができること。
これ以外の幸せはないなぁと、この悲しいストーリーを知って、改めて思うのです。


ミモザのケーキ


「ミモザ」という名のケーキ。
フワッと柔らかく、甘い、まるで、「女性」を表現しているかのようなお菓子。

その日、スーパーで、ひときわ美味しそうに見えたのでした。

2018.3.14


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住17年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / イタリアの生活日記 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く / トスカーナの田舎


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ