イタリアのバールの楽しみ方

「ブォン ジョ〜ルノー」

1日がカッフェで始まるイタリアは、街角のあちらこちらに素敵なBAR(バール)があります。

バール

バールに一歩足を踏み入れると、皆それぞれ、思い思いにカッフェを注文します。
「ウン カッフェ」
「カプチーノ」
「カッフェ アルト」...

人によって、頼み方は千差万別。それを聞き分けて、手際良くカッフェを用意するバリスタは、凄いなぁといつも感心してしまいます。
「カプチーノは朝に頼むものだよ。」

そんな風に言われたことがある人も居るかと思いますが、イタリア人、時間帯によって注文するコーヒーも違うのです。

朝は、やっぱり「カプチーノ」。きめ細かいミルクの泡が美味しさの決め手です。クロワッサンなど甘い菓子パンと一緒にいただくのが、イタリア式の朝食です。

カプチーノ

そして、10時頃になると、やっぱりバールでコーヒーブレイク。いつもの仲間とのお喋りが、とっても楽しそうです。

ランチを食べた後の食後のコーヒーは、ほろ苦い「エスプレッソ」がお口直しとなるようです。苦いのが少し苦手という方は、エスプレッソにほんの少しミルクを入れた「カッフェマッキアート」を。
そして一服。午後の3時くらいになると、やっぱり一息いれるイタリア人。なんだか休んでばかりです。

エスプレッソ

「カプチーノ」が朝飲むものなら、昼過ぎは「カフェラッテ」を。「ラッテマッキアート」とも言います。こちらは、たっぷりのミルクをあまり泡立てず、エスプレッソを注いだもの。
これだったら、「えぇ、こんな時間にカプチーノ?」なんて言われずにすみます。

カフェラッテ

こうして、1日の仕事を終えると、再びバールで、アペリティーボ(食前酒)を楽しんだり、どっと疲れた体を癒すのに、「カッフェコレット」というお酒入りのエスプレッソを嗜みます。

カッフェといっても、その種類は様々で、マッキアートにカカオパウダーをふった「カフェマロッキーノ」、ちょっと多めに入れたエスプレッソは「カッフェアルト」もしくは、「カッフェルンゴ」。夏には、氷を入れてシェイクした「カッフェシェケラート」が人気です。
「カッフェアメリカーノ」は、私たちのイメージするアメリカンコーヒーではなく、エスプレッソにお湯を足したものですから、日本とは違うものだと思った方がいいでしょう。

バール

こんな風に、イタリア人はいつものバールで、いろんなカッフェを楽しみます。
旅の途中で、イタリア人みたいにカッフェを楽しんでみるというのも、いいかもしれないですね。

素敵なバールを見つけたら、ぜひ、トライしてみてはいかがでしょう。

2017.4.5


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住16年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのおすすめ処 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ