イタリアでは年越しに何を食べる?

新年、明けましておめでとうございます。

みなさん、いかがお過ごしですか?
イタリアでは、2018年が明けて1月6日の祝日で、その長いクリスマスが終わりを告げます。

日本で年末年始といえば、年越しそば、そして、おせち料理に舌鼓をうちますが、イタリアにはイタリアらしい年越しメニューで年末年始を迎えます。

さすが、「マンジャーレ」の国、イタリア。
年末のニュースでは、何を食べるのかが1つのニュースになります。

イタリアの年末に食べるものの一つに、「Lenticchie(レンティッキエ)」があります。


レンティッケ


Lenticchieとは、レンズ豆のこと。
イタリアでは、これを「お金」に見立てて、年末に食します。

来たる新年に、沢山、お金に恵まれますように…

そんな思いを込めて、茹でたレンズ豆を沢山食べます。


レンズ豆


年越しに長寿を願い蕎麦を食べる日本と、どこか共通点があるような気がします。
望むのが「お金」というところが、イタリア人の愛嬌ではありますが。

何にしろ、縁起担ぎが大好きなのですね。

このレンズ豆とともに食すのが、「Zanpone(ザンポーネ)」や「Cotechino(コテキーノ)」。


ザンポーネ


豚足に豚肉のひき肉や脂身、スパイスを詰めたもので、簡単に言うと、「茹でサラミ」という感じでしょうか。
「ザンポーネ」にはゼラチンも多く含まれていて、美容に良さそうですが、なんだかちょっとコテコテな感じがする方には、「コテキーノ」。


コテキーノ


私は、断然、「コテキーノ」派です。
エミリアロマーニャ州の伝統料理であるという、この「ザンポーネ」や「コテキーノ」は、プロッシュートで有名な豚肉の美味しい土地で作られ、それでも、これを食すのは、一年を通して、この時期がメインです。
今は、スーパーで出来上がったものが箱に入って売られてますから、簡単に家で再現できるのが嬉しいところ。


コテキーノ


日本のレトルト食品と同じで、ボイルしたお湯で袋ごと煮込んで、約20分。
出来上がりは、こんな感じで、マッシュポテトを添えて。


コテキーノ


ところ変われば…伝統的な料理で縁起を担いで、迎えた新しい年が素敵な一年となりますよう。

本年も、どうぞよろしくお願い致します。

2018.1.3


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住17年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / イタリアの生活日記 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く / トスカーナの田舎


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ