フィレンツェ生まれの意外なお土産品

地元をこよなく愛するイタリア人。
地方に行けば、その土地その土地で、大切にされているものが沢山あることに気づきます。

普段何気なく置かれているものでも、案外、地元の名産品だったりするのですね。

当たり前だから気付かないモノもある…
今回は、そんなものの中から、一部をご紹介したいと思います。


1. 「Marvis」の歯磨き粉


フィレンツェ発歯みがき粉


いろいろな種類の取り揃ったマルヴィスの歯磨き粉は、100パーセントフィレンツェ産。
最近では、日本人の方のお土産としても人気があります。パッケージのデザインもさることながら、その質にも定評があります。


2. ボディソープ「Borotalco」


フィレンツェ発ボディーソープ


Neutro Roberts は、1921年、イギリスの薬剤師、ヘンリー・ロバーツとフィレンツェ人であるロレンツォ・マネッティとで開設された、マネッティ&ロバーツを母体としています。石鹸作りがメインのヒット作がこれです。テレビのコマーシャルでよく見かける商品ですが、まさか、フィレンツェ産とは…な商品です。


3. ムジェッロの「Bagno Schiuma」


フィレンツェ発ボディーソープ


Mugello(ムジェッロ)といえば、サーキットで有名なフィレンツェの郊外にある土地ですが、その地で作られている自然派志向のボディソープ。ビオが売りのこちらの商品は、とても繊細で、その分、肌にとても優しいのが嬉しいです。

4. ローズウォーター


ローズウォーター


フィレンツェのシニョーラたちが愛好するローズウォーター。
ローズだからシニョーラたちに人気があるのかと思いきや、これも、フィレンツェ産。
前出の Neutro Roberts と関連会社であります。
最近では、化粧落としなんかも売られています。


ローズウォーターのメイク落とし


パッケージがまた素敵で、お土産にいいかもしれません。

フィレンツェに長く住んでいながらも、こんなに、地元の物に日常溢れているなんて、目から鱗な話です。
もしかしたら、もっともっとあるのかも…と、「当たり前」意識を払拭できそうな予感です。

2018.5.23


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住17年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / イタリアの生活日記 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く / トスカーナの田舎


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ