今年のオリーブオイルの出来は?

10月の終わりに、イタリアの初物ワイン「Vino Novello(ヴィーノ・ノヴェッロ)」が解禁になり、つい先日、フランスでも、ボジョレー・ヌーボーが解禁されました。
そして、ついに、今年の搾りたて、新オリーブオイルが出回り始めました。

夏の終わり頃になると、今年の出来はどうだ?と、いろいろ憶測されますが、今年の夏は特に暑く、「量が少ない。」と予想されていました。


オリーブ


特に、トスカーナの南の地方では、干ばつの被害も続出で、その味に影響が出るのでは…とも言われていました。早ければ、10月終わり頃に出るオリーブオイルですが、今年は、若干遅めな印象が否めません。
それでも、販売店に並ぶオリーブオイルは、綺麗な緑色をしています。


オリーブオイル


私も、早速、購入してみました。
深い緑色をしたオリーブオイル。
香りも、青々としていて、どんな料理に使おうかと、ワクワクしてしまいます。
温野菜、ミネストローネ、パスタの仕上げに…と、いろいろ考えましたが、寒い冬の夜、寒気が襲ったイタリアで、温かいものが良かろうと、ポトフを仕上げ、食べる直前に、この新オリーブオイルを。


スープとオリーブオイル


青い香りが、イタリアの野菜には、抜群に合います。
こちらでは、出来上がった料理を冷まさないよう、オリーブオイルを使ったりします。
寒くなければ、スティック野菜を使った、ピンツィモーニも良いかもしれません。
オリーブオイルに塩こしょうを軽くふり、生野菜をつけて食べます。


生野菜とオリーブオイル

オリーブオイル自体の美味しさを味わうなら、フェットゥンタ。
軽くトーストしたパンに、たっぷりの搾りたてオリーブオイルをかけます。ほんの少し塩を振って。それだけで、十分美味しいのは、搾りたてオリーブオイルだからです。


フェットゥンタ


これだけで、贅沢な気分になっちゃいます。

さて、そのお味ですが、今年は去年のものに比べて、香り豊かで苦味が少なく、口に入れた時のマイルド感がたまりません。出来としては、前評判以上に良い年となったのではないでしょうか。

2017.11.22


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住16年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / イタリアの生活日記 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く / トスカーナの田舎


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ