イタリアのクリスマスに欠かせないものとは?

朝晩の冷え込みが厳しくなりつつある、この季節。
ヒンヤリとした空気とは対称的に、イタリアの街中は、賑やかに彩られていきます。

12月。
そう、クリスマスの時期の到来です。

11月も半ばを過ぎると、スーパーマーケットに所狭しと並べられるものがあります。


パネットーネ


クリスマスには、絶対外せないもの。
「パネットーネ」と「パンドーロ」。
最近では、日本でも知られるようになりました。

「パネットーネ」は、ミラノが発祥。
ドライフルーツがふんだんに使われているもので、何回も発酵を繰り返し、作るのに手間がかかるもので、お店で買うのが一般的なんだそうです。


パネットーネ


「パンドーロ」は、ドライフルーツが入っていないもので、その発祥はヴェローナだとか。
星型の独特の形をしていて、食べる直前に粉砂糖をふりかけます。


パンドーロ


どちらも、発酵の際に生じる天然の保存料が効いていて、3か月以上持つのですが、この時期にしか買えません。
メーカー品のものだけでなく、有名なパスティッチェリアのものもあり、値段も大きさも様々。


パネットーネ


「パネットーネ」派か「パンドーロ」派か?
毎年のように議論されます。

今年は、こんなのも、お店の片隅に並んでいました。


パニットンチーニ


その名も、「Panittoncini」(パニットンチーニ)。
甘くないタイプです。
ハムやチーズなどを挟んで、パニーノをケーキ風にして楽しめるようになっています。

「パネットーネ」派、「パンドーロ」派。
はたまた、「パニットンチーニ」派。

あなたは、何派ですか?

2017.12.6


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住16年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / イタリアの生活日記 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く / トスカーナの田舎


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ