パスクワ(復活祭)に欠かせないものとは?

もうすぐパスクワ(復活祭)がやってきます。

毎年、日にちが違うので、キリスト教に馴染みのない私たちには、いつがその日かピンと来ないですが、基本的には、「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」になるんだそうです。

ということで、今年のパスクワは、4月の16日。17日の月曜日がパスクェッタといい、連休になるのです。


この頃になると、ショーウィンドウには、卵型のものが飾られます。
タマゴは「復活」のシンボル。

イースターエッグ


街角にあるお菓子屋さんやバールには、色とりどりのラッピングで飾られた卵型チョコレートが美しく飾られています。

イースターエッグ


大きさも様々で、小さな包み紙に包まれた一口サイズのものから、

イースターエッグ

大きいものでは、10kgサイズもあるのだとか。

どうやって、運ぶのか?と思ってしまいます。

イースターエッグ


面白いことに、この卵型チョコレート、中身が空洞になっていて、
開けると、中からプレゼントが出てきます。

「Una sorpreza」(ウナ ソルプレーザ=ひとつの驚き)

と言って、開けるまで中身が分からないので、子供たちの大きな楽しみのひとつでもあります。


イタリアでは、パスクワのこの日、家族が揃って昼食を迎え、
食事が終わる頃、このチョコレートを開けて、中のプレゼントに心を躍らせます。

子供向けかと思われがちですが、中身を選んでチョコレートに入れてもらうよう注文することも出来るのだそうで、高級ブレスレットなどのアクセサリーを入れてプレゼントする恋人たちもいるのです。

子供から大人まで楽しめる、パスクワのチョコレート。

私もひとつ、買ってみようかな…

街角のショーウィンドウを見ながら、なんとなく、そう思うのでした。

イースターエッグ

ちなみに、この卵型チョコレート、この季節の限定品になりますから、この時期イタリアに来られる方、お土産に買って帰られるのもいいかもしれません。(10kgサイズは厳しそうですが…)

イースターエッグ

2017.4.12


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住16年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのおすすめ処 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ