ピッティウォモ

Pitti Uomo!
ピッティウォモ!

ピッティウォモが、2013年6月18~21日までバッソ要塞にて開催されました!
「ピッティウォモ」とは、毎年2回、 1月と6月頃に行われる世界最大級のメンズプレタポルテの見本市!! 🙂

 

ピッティウォモ2

期間中は、気温35度を超える日もありましたが、みんなぞくぞくと会場へ入っていきます!↓↓ 😀

 

ピッティウオモ2

今回のテーマは、「車輪」。
バイクもファッションも「スピード」と「動き」に関連しているという事で、会場内は、バイクやバイクのジャケット等が
ディスプレイされていました!

ピッティウオモ3

中に入ってみるとたくさんの人!日本人バイヤーの方もたくさん見かけました 🙂

 

ピッティウオモ4

洋服以外に小物やアクセサリーもあります!

ピッティウオモ5

1000以上 😯 のブランドが出展しています!!

ピッティウオモ6

パビリオンによって、雰囲気やディスプレイも様々 😀

 

ピッティウオモ6

今回は、ピッティウォモに出展されている日本の方を訪ねてみましたので、
ご紹介します! 😀

 

☆Ohba
1935年創業の大峡製鞄(おおばせいほう)。
学習院初等科のランドセルを作っているのが、この大峡製鞄。
皇室へは、天皇陛下がお使いになる薬箱をお納めしたという。
こだわりと確かな技術の鞄を作っています。

ピッティウォモ7→専務取締役の大峡さん。ピッティウオモ10

☆Quilp

「トラディショナルのアップデート、そしてコモンをモードに。
ブランド名はウェールズ語で「靴職人」を意味する。英国のトラディショナルを、ベースをヨーロッパの宗教や歴史からのインスパイア、そして東京をベースに活動することによる刺激によってデザイン。
ベーシックなアイテムに、現在のアヴァンギャルドなデザインを加えることにで、人を引き付ける雰囲気を持った先鋭的な靴が生まれる。」

ピッティウオモ12→デザイナーのMasao Morishitaさん。

☆SAFESEX

きれいな色のコンドームウォレット。
コンセプトは「時代に合う独特かつ明確なアイデアは肖像となり、流儀となる」

ピッティウオモ13→デザイナーのHironobu Matsuokaさん。
☆tibi tie

ひとつひとつ日本国内で丁寧に縫製しています。
フラワーホールにカラフルな色をプラスすることによって、アクセントになり、おしゃれになりますよね。

ピッティウォモ8ピッティウオモ9

☆piu oro

piu oroとは、プラスゴールドの意味。
金を装飾した時のような愉しみをというコンセプトで、スカーフを腕に巻くスカーフブレスレットを提案。

ピッティウオモ14→デザイナーのNOBUYUKI HASHIZUMEさん。

☆Takizawa Shigeru

Takizawa Shigeru氏がプロデュースする上品でエレガントなスーツ。
ブースには仕立て職人さんがいらっしゃいました。

ピッティウオモ15

KANPEKINA

アニマル柄のハラコの靴に目がひかれました!

ピッティウオモ16

 

前回の1月のピッティウォモよりも円安の影響で問合わせが多いそうです。
何回も出展されている方は、知り合いや常連さんとお話や情報交換をしたり、コミュニケーションの場にもなっているピッティウォモ。
クラシックなラインナップはもちろんの事、ジーンズや斬新なデザインをおいてあるところも多かったです。

ピッティウォモ20→次回、冬のピッティウォモも楽しみです!! 😉

 

さてさて、ピッティウォモ期間中は、フィレンツェの街中でアペリティーボや色々なファッションイベントが
開催されました。
その中の1つ、ワインのアウトレットショップ「ヴィーノアウトレット」と、シャツブランドの「Dr.Shirt」のコラボイベント。↓↓
ヴィーノアウトレットにてワインがふるまわれました! 😀

ピッティウォモ21→なかなかオシャレにコラボされていますね!

ピッティウォモ期間中にフィレンツェに来た方は、是非体感してみてください!! 😀

 

 

 

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ