街角にあるフレスコ画

フィレンツェには、中心街を囲むように門が幾つかあります。
そのうちの一つが、ローマに向かう方面にそびえ立つ、ローマ門「ポルタロマーナ」です。
他の門に比べ、ひときわ大きく、その雄大さを感じずにはいられません。


ローマ門


さて、この門の内側の小さな広場には、実は、2つのフレスコ画があります。
1つは、ロマーナ門の大きな扉の上部にあるもの。
フランチャ ピージョによる、聖母子と4人の聖人が描かれています。


ローマ門のフレスコ画


そしてもう1つは、ちょうど、それと対面するかのように、正面の建物の上部に描かれています。


フレスコ画


3階建ての最上階部分の壁面いっぱいに描かれている、フレスコ画。
よく見ると、中心の窓を境に3部構成で描かれているのです。

まず、右側。

フレスコ画

こちらには、中世の時代からルネッサンス期にかけて活躍されたフィレンツェにとって、とても重要な人物が描かれています。
ダンテ、ジョット、マサッチョ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ロレンツォ・イル・マニフィコ、パオロ・ウチェッロ…など、蒼々たるメンバーです。

そして、左側。


フレスコ画


こちらには、1900年代中頃のフィレンツェの著名人が描かれています。
オットーネ・ロサイ、アルデンゴ・ソッフィチ、プリモ・コンティ、パピィ二 そして、このフレスコ画を手掛けた芸術家本人であるマリオ・ロモリ。
自分自身を描いてしまう所、なんともイタリア人らしいですね。

マリオ・ロモリが、このフレスコ画を手掛けたのは、1950年代。

実は、このフレスコ画を手がけるずっと前の1616年、ここには、最初のフレスコ画が描かれていたのだそうです。それが、通りゆくフィレンツェ人たちに、とても評判が悪く、風雨にさらされていたのでした。
1953年、当時のフィレンツェ市長がそれを挽回すべくコンペを開催し、選出された画家がマリオ ・ロモリだったのです。

復元された「フィレンツェの生活」。

窓の上には、聖母マドンナとフィレンツェの守護人サン・ジョバンニが描かれ、今日のフィレンツェを見守ります。


フレスコ画


フィレンツェの街の中を歩くと、こんな歴史が所々見え隠れしていて、それを知るのもまた、楽しいものです。

2017.10.25


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住16年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / イタリアの生活日記 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ