イタリアの赤の下着のヒミツ

クリスマス。

この時期の週末は、クリスマスのプレゼント探しに精を出すイタリア人たちで、街中が、一層賑やかになる月でもあります。


クリスマス


テレビのコマーシャルは、香水だのアクセサリーだの時計だの…魅力的な映像で、見ているだけでも魅了されてしまいそう。

そんな中、ふと見ると、街の中は、「赤いもの」ばかりが飾られたお店がいくつもあることに気づかされます。


赤のランジェリーショップ


これは、ランジェリーショップ。

なぜ、「赤いもの」ばかりなのか…
それは、イタリアのある習慣に理由があります。

赤のランジェリー


年越しを控えた12月31日。
赤色の下着をつけて新年を迎えると、その年が幸運に恵まれる…のだというのです。
プレゼントされたものを身につけることが重要なんだそうで、それで、クリスマスに「赤い下着をプレゼントする」のが習慣づけられているのだとか。

赤のランジェリー


なんだか、ランジェリーショップの陰謀のように聞こえますが、実は、その歴史は、ローマ時代まで遡るのだと言われています。

「赤」は、富と権力と健康の象徴。

新品の「赤」い下着には、そんな人々の新年に対する大きな希望が込められているのです。


赤の下着


願をかけてつけた下着は、捨てて処分しなくてはならなくて、捨てることで厄を落とす…みたいな感じでしょうか。

意外に、迷信好きなイタリア人。
そして、そんなイタリア人の思う「赤色」は、まさに幸運の印。

来たる新年に、私も願をかけてみたくなるのでした。
下着は、ちょっと…な方は、靴下という手もあるみたいですよ。


赤の靴下

2017.12.27


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住16年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / イタリアの生活日記 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く / トスカーナの田舎


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ