イタリアのレストラン選びで注意したいこと

イタリアで外食をする時、どこにしよう…と思うのは、何も、日本から来た人ばかりではありません。
現地に住んでいたとしても、数多くあるレストランの中で、少しでも満足できるところを選びたいと思うものです。


レストラン


1月中頃、こんなニュースがイタリア中に駆け巡りました。


レストラン記事


「ステーキ3皿と魚介のミックスフライ1皿で、1,100ユーロ!」

なんと、日本人学生4人を相手に、こんなぼったくり事件がヴェネツィアで起きたのです。
ただ事ではない金額に、イタリアを賑わせたこの事件。
蓋を開けてみれば、以前から、ぼったくりを働いていたということで有名なレストランだと判明しました。

サービス大国、日本で育った私たちには、ありえない仕打ちの、ぼったくり。
言葉がわからない国で、それでも、楽しく美味しい時間を過ごすには、どうすれば良いのかを改めて、考えてみました。


レストラン


まずは、お店に入る前に、値段チェック。


レストランメニュー


素敵だな…と思うお店に一歩入る前に、どれくらいの相場なのかを知るには、お店の前に表示されているメニューを見てみることをお勧めします。
書いてある内容がわからなくても、値段だけは、把握できます。


レストランメニュー


店員に声をかけられたとしても、納得いかなければ、入る必要はありません。
むしろ、呼び込みをするレストランこそ、怪しいと思った方が良いかもしれません。挨拶と呼び込みは、全く違うものです。

時間の余裕があれば、ネットで、そのレストランの評判をチェックすることもお勧めします。
ヴェネツィアで起こったような、ぼったくりレストランでは、そのような悪評も既に書かれていたりするものです。

そして、
食事中に頼んでいないものが出てきた時には、はっきりと頼んでいないことを意思表示した方が良さそうです。「NO」と言えること、言ったとしても、それで不愉快な気分になることはありません。

会計時は、その内容をきちんとチェックした方が良さそうです。特に、頼んでいないものが加算されていたりする時は、支払い前でしたら、交渉することもできます。
大勢を相手に立ち回るレストランでは、単純ミスも、稀にありますから。


レストラン看板


何れにしても、美味しいと評判の良質な店は、現地の人で溢れています。
お店に一歩入る前に、チェックしておくことが、美味しい時間を得られるコツかもしれません。


ちなみに、、、
話題のヴェネツィアのレストランは、20,000ユーロほどの罰金が課せられましたが、営業停止とまではされないようで、観光地のあちこちで、はびこるぼったくりレストランは未だに存在するのが現実なイタリアです。

2018.2.7


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住17年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / イタリアの生活日記 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く / トスカーナの田舎


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ