フィレンツェの郷土料理「リボッリータ」の作り方

フィレンツェの郷土料理といえばいくつかありますが、その中でも冬に欠かせない一皿といえば“リボッリータ”です!

リボッリータ

イタリア語で「再び煮込む」という名前のついたこの料理。

もともと、フィレンツェの農民たちの家庭料理で、あまった野菜、硬くなったパンを美味しく食べようと、よく煮込んで作ったスープが“リボッリータ”です。
煮込めば煮込むほど、できたてよりももう一度煮込んだほうが美味しくなります。

リボッリータは家庭料理なので、レシピは家庭によって様々です。
野菜をたくさん使いますが、特にどの野菜を使わなければならないというルールはありません。
(フィレンツェの郷土料理なので、フィレンツェで冬に取れる野菜が中心にはなりますが。)
今回は筆者のイタリア人夫のリボッリータをご紹介しましょう!

この日、夫が用意した野菜は…

リボッリータの材料

玉ねぎ、セロリ、黒キャベツ(カーボロ・ネーロ)、フダンソウ、キャベツ、ニンジン、イタリアンパセリ、ズッキーニ、にんにく。写真にはありませんが、豆の水煮(乾燥豆を使う場合が多いのですが、今回は豆の水煮が家にあったのでそれを使用)も入れます。
写真の右下にあるチューブはトマト凝縮ペースト。もちろん、トマトそのものを使う場合もあります。

材料の野菜を適当な大きさに切ります。

リボッリータ

切った材料を鍋にいれて、軽く炒めたあと、水をひたひたになるくらいまで入れ、煮込みます。

リボッリータ

水が少なく感じるかもしれませんが、野菜からも水分が出るので、これでOk!

途中、トマト凝縮ペーストと塩を適量加えます。

煮込むこと2時間半!

ミネストローネ

野菜がトロトロのミネストローネの出来上がり!

これだけでも十分美味しいです。

ミネストローネとして食べたい場合は、このまま食べます。

特に味付けをしているわけでもないのに、塩だけでしっかりした味になっています。たくさんの野菜から出る出汁のおかげですね。

しかし!今回は“リボッリータ”を作るので、まだ料理は終わっていません!

テラコッタの鍋に硬くなったトスカーナパン(塩が入っていない)と豆の水煮を入れます。

リボッリータ


そこへ、ミネストローネをたっぷり入れます。

そしてじっくり煮込みます。

リボッリータ

ゆっくり煮込むこと約2時間!

リボッリータの完成です!

フレッシュなオリーブオイルを少しだけ上にかけて、いただきます!

リボッリータ



大量に作ったので、翌日の晩御飯もリボッリータ!でも再び煮たリボッリータはやはりできたてより美味しかったです!

野菜たっぷりのリボッリータ。とても温かく、優しい味です♪

2017.3.1


この記事を書いた人

Shiho

フィレンツェ在住13年。フィレンツェでイタリア人に日本語を教える日本語教師。
休日は、トスカーナの魅力を探しにドライブ。
おいしいもの、トスカーナの田舎、フィレンツェのきれいなものが大好き。
家族は、イタリア人の夫と、クロネコ。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリア旅行便利帳 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのおすすめ処 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ