イタリアのバレンタインデーは何を贈る?

2月14日は、バレンタインデー。
イタリア語では、「サン・ヴァレンティーノ」の日といいます。

この日、女の子が想いを寄せる男の子にチョコレートを贈るのが日本の風習となっていますが、イタリアのそれは、日本とちょっと違うようです。


チョコレート


この時期になると、香水やアクセサリーなどのテレビのコマーシャルが本当に多くなります。


ブレスレット"


特に女性もの。
イタリアでは、男性から女性へプレゼントするのが普通なようです。

そもそも、この日はどんな日か?というと、実にローマ帝国の時代まで遡ります。
ヴァレンティーノとは、当時のキリスト司祭であった Valentino da Terni(ヴァレンティーノ・ダ・テルニ)。

当時、闘うためには邪魔だとされた恋愛を皇帝に内緒で支援したヴァレンティーノですが、結局、皇帝に見つかり処刑されてしまいます。その処刑の日が、2月14日。
やがて、その日が彼を偲ぶ日とされ、彼を il protettore degli innamorati (イル・プロテットーレ・デッリ・インナモラーティ)、恋愛の守護聖人として祭るようになったのだとか。


バラ


この日にちなんで、色とりどりのバラが売られています。


バラ


当日は、愛する女性へ、バラの花束を贈る男性も少なくはありません。
どこかロマンティックな感じがするのは、ここがイタリアだからでしょうか。


靴下


もちろん、花以外の贈り物をする人もいるわけで、バレンタインデーに近づくと、ショーウィンドウもハートが増えます。

もちろん、日本同様、チョコレートもありました。


チョコレート


国によって、捉え方が違うサン・ヴァレンティーノ。

ちなみに、この日は、イタリア全国のヴァレンティーノさんとヴァレンティーナさんの、2つ目の誕生日でもあるのです。

2018.2.14


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住17年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / イタリアの生活日記 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く / トスカーナの田舎


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ