聖なるワイン、ヴィンサントとは?

トスカーナで食事の終わりをむかえる頃、締めのデザートで必ずといっていいほどオススメされるのが「カントゥッチーニとヴィン サント」。

ヴィンサントとカントゥッチーニ


硬いアーモンド入りのビスコットを「ヴィン サント」というデザートワインに浸して食べるのが、「通」だと言われています。

聖なるワインヴィンサント


この「ヴィン サント」、実は、「聖なるワイン」と言われています。
ブドウ品種は、マルヴァシアとトレビッアーノ。陰干しをして糖度を高めてから発酵させ、樽で熟成させていきます。その熟成期間は、3年以上。
梅酒のような、甘い口当たりに樽香が良く効く、トスカーナならではのデザートワインです。

ヴィンサント


トスカーナワインというのは、世界的にも有名で人気が高いですが、その中で、「ヴィン サント」は、知る人ぞ知る、貴重なタイプ。
なにしろ、生産本数が、通常のワインよりもぐっと少ないワインです。でも、開栓後の保持が長期可能であるので、1本あたりの値段が少々しても、コストパフォーマンスが非常に良いのです。

実は、この「ヴィン サント」、カントゥッチーニ以外にも、いろいろな組み合わせで楽しむことが出来るんですよ。

呑むのが大好きな私。
たまには、甘いものも良いですが、どちらかというと、塩っぽいものの方が好みです。
そんな私が、あるシェフのお勧めで試してみて、感動したのが、この組み合わせ。
チーズや生ハムの盛り合わせと「ヴィン サント」。

ヴィンサントとチーズと生ハム


トスカーナ特産の熟成したペコリーノチーズは、ハチミツやジャムと合わせても美味しいですが、「ヴィン サント」を飲みながらのチーズは、とどまることを覚えません。ついつい、すすんでしまいます。

そんな「ヴィン サント」はまた、お料理上手でもあります。

トスカーナで有名な、「クロスティーノ トスカーノ」は、鶏レバーを使ったペーストですが、これを作る時に隠し味として使われたりします。

ヴィンサントを使ったクロスティーニ


ゴルゴンゾーラチーズを使ったパスタソースを作る時に入れたりもします。

料理酒として、マルサラ酒やポートワインもありますが、地元志向の強いイタリア人は、やはり地元のものを使いたい傾向が強いようです。

ガッロネーロ


ジェラートに「ヴィン サント」も、なかなか素敵な組み合わせでした。

ジェラートとヴィンサント


トスカーナに来られた際は、ぜひ、この「ヴィン サント」をお試しされてはいかがでしょう。

2017.4.26


この記事を書いた人

Yuki

イタリア在住16年。フリーランスとして、さまざまなサイトでライターとして活躍中。イタリアの魅力と旬な情報を日本に紹介しています。
趣味は、おいしい食材を求めて、いろいろなところを巡ること。

もっと記事を読む

アウトレット情報 / イタリアのおいしい食べ物 / イタリアの季節のイベント / イタリアの文化 / イタリア旅行便利帳 / クロネコヤマトのお得情報 / フィレンツェから日帰りで行く町 / フィレンツェのおすすめ処 / フィレンツェのお家料理 / フィレンツェのお話 / フィレンツェのツアー / フィレンツェの催し事 / フィレンツェの市場とメルカート / フィレンツェの広場 / フィレンツェの教会 / フィレンツェの美術館 / フィレンツェの見どころ / ワインのお話 / 世界遺産を見に行く


フィレンツェ発トスカーナワイナリー フィレンツェ発世界遺産ツアー
フィレンツェでイタリア料理教室 フィレンツェでプチレッスン

クチコミを書く

*

*

 運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ